Tokyo Denki UniversitySchool of Science and Technology for Future LifeDepartment of Information Systems and Multimedia Design
Top News Research Publications Awards・Extra Members Contact
Top > Publications > Publications2017 > r-kumaki-2017-09-national

SPH法に基づく血液の乾燥過程の表現モデル

映像情報メディア学会2017年次大会

  流血や血液飛沫といった血液に関する表現は,ゲームや映像といったCG分野において演出の1つとしてしばしば用いられている.ゲーム機器の性能や技術の向上に伴い,血液が物体に付着する表現がリアルかつ高速に実行可能となった.一方,乾燥による凝固や変色,蒸発によるコーヒーリング効果といった時間経過に伴う変化は表現出来ていない. 本研究では,SPH法を用いて,時間経過による血液の状態変化をシミュレーションし,血液の乾燥過程をよりリアルに表現する手法を提案する.

Images

nolink,center
nolink,center

Tags

Tag: Reo Kumaki 映像情報メディア学会 年次大会

Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup Referer   Help   RSS of recent changes
Counter: 39, today: 1, yesterday: 2
Last-modified: Fri, 29 Sep 2017 10:30:21 UTC (53d)